<   2017年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

レストラン、Mossel & Gin

ムール貝というと、個人的にはベルギーのイメージが強いですが。
オランダでも食べれます。
というか、ヨーロッパでは一番メジャーな貝ですね。


今回のレストランの住所です。
Gosschalklaan 12, 1014 DC Amsterdam, オランダ

ここはムール貝とお酒のジンのお店。

立地も良く、店員の愛想も非常に心地いい。
だけど、悲しいかな、料理が出てくるのが非常に遅い!
基本的にオランダは料理が出てくるのが遅いのですが、私が訪れた中でも1, 2 位を争う際立つ遅さ。
もちろん店員にまだですか?と確認しますが、どの店員も「もうすぐ持ってくるわ」と、抜群の安定感で同じ答えしか言わない 笑
なんだろうな…料理が遅い時に良く言うオヤジギャグ「今、食材を捕まえに行ってるんだよw」ってのがギャクならない。
大体1時間近く待ちました。


しかーし、料理が来たらこの雰囲気も一変。
前菜含め、メインのムール貝もかなりおいしく。
本場ベルギーで何回か食べましたが、それに勝るとも劣らないクオリティの良さ。
スタンダードなムール貝の酒蒸しも抜群で、そして生クリームのムール貝は絶妙なハーモニーでした。

このレストランのリピーターになりたいけど、日本人の僕は「早い・安い・うまい」の三拍子が揃っていて欲しかった。
まぁ、そもそもムール貝が食べるのが目的というのなら、お試しあれ。
e0068262_06420129.jpg


[PR]
by going-b | 2017-09-19 01:52 | オランダの食べ物

マクドナルドの小話

マクドナルドと言うと、健康に悪いと言われることはあれど、世界のファーストフード界の超メジャー。
唯一無二のパイオニアだと思っています。
全世界にありますからね。

日本だと、てりやきマックバーガーがあって。
子どもの頃からあったので、これをご当地バーガーだとは思ってなかったです。
でもそりゃそうか。アメリカ人が「てりやき」を思いつくはずがないですよね。

ところで、オランダだとメニューが違います。
クロケット(オランダのコロッケ)バーガーがありますね。
ドイツはソーセージバーガーがありました。
イギリス・ベルギー・ポルトガル・ルクセンブルク・フランスとかは、正直記憶にありません 笑

旅行に行ってマクドナルドを食べるなんて…ってこともありますけどね。
日本にもあるものが、ほかの国ではどうなっているか。
こうゆう部分を探るのも面白いかもしれませんよ。


[PR]
by going-b | 2017-09-04 04:15 | ヨーロッパ旅行

自由の国オランダ 2

前回、「売春」と「麻薬」が合法で、本当の自由の国はオランダだ!という記事を書きましたが。
大切なことを忘れていました。
恋愛に関してもオランダは寛大であり、先進国です。



それはもう「ゲイ」「レズ」「バイセクシャル」、みなさん揃っていらっしゃい状態です 笑
そもそも「ゲイの日」という日が設けられていて、大きなパレードがあります。
そしてすごいのは、レインボーのスカーフやネクタイを身につけて、「恋愛は自由だ!」とアピールしていることです。
レインボーはLGBTのシンボルですね。
LGBTの人達はそうですが、そうでない人も身に着けています。
そう、恋愛は自由なんです。



いや、これって本当に大切なことだと思うんですよね。
例えば、オランダのレストランでは、男同士でキャッキャ!言ってたり、2人で写真を収める姿は時々見ます。
ハタから見るともちろんゲイカップルです。
日本だと偏見の目が注がれることもあるでしょうが、ここでは違って、誰も気にしていません。普通のことですよと。

そもそも、LGBTの方々が何か劣ってるなんて思えません。
心や体、考え方なんてものは、育ってきた環境など無意識の外乱による部分も多いです。
オランダはそうゆことを認めるどころか、いいことじゃないか!と。
彼らは変なのではなく、マイノリティなだけなんです。



誰であっても生活を共有できる、それがオランダ。
「力を合わせて自分達の生活を作って行くんだ」と言っているような。
多人種多文化のオランダ人が作った共有財産、これが彼らの、見習うべき優秀な「文化」なのだと思います。

[PR]
by going-b | 2017-09-04 04:03 | 自由の国オランダ

自由の国オランダ

「自由の国アメリカ」と言われるけれど、本当の自由の国はオランダだと思っています。アメリカには行ったことがありますが、観光目的でなかったので、地元民の生活に少し触れる機会があって。
そこでは格差社会の実像を目の当たりにして、僕はショックを受けました。その際の話はまたの機会があれば別の記事で…。

で、何が自由なの?ということですが。
オランダでは、「売春」「麻薬」が合法です。
これは世界的に見てもすごく珍しい。日本でなんて考えられないですから。
聞くところによると、どうせ売春は無くならない、どうせ麻薬もなくならい、だったら政府が管理化のもとで合法とするという、なんとも合理的な考え方。
下記でそれぞれ説明します。





●売春について
オランダの売春は合法ですが、売春婦は登録制で、性病チェックもや売春宿の地区も決められています。
これがかの有名な レッドライト ですね。日本語で、飾り窓。
今では、この地区は観光地になっており、老若男女が訪れています。
場所もアムステルダム中央駅のすぐ近く。
e0068262_02100088.png

























売春婦は、どうしてもその仕事の性質上、危険な目に会うことが多いらしいですが。
この地区では、トラブルでもあろうもんなら、電話一本で用心棒(バウンサー)が駆けつけるそうです。
写真撮影もNG。これを知らない観光客がスマホで撮影していて、売春婦から水をぶっ掛けられたのを見たことがあります。
ということで、写真はないです。


(決して僕は入ったこと無いですが)入った人からの話はこんな感じでした。
・綺麗なお姉さんを見つける
・ドアを開けて、○○か○○かを選択する。(書けませんw)
・価格の交渉
・折り合いが整ったら、中に入って・・・♪

まぁでも、交渉しなければならないですからね。
英語わからないと、ぼったくられることもあるそうな。
(しかも売春地区では、売春婦が守られているので、あっちも強気らしい)

まぁ入らなくても、観光として、社会見学として来るのは、全然アリだと思います。



●麻薬について
麻薬というと危険な香りがしますが、実際には ハード・ドラッグ と ソフト・ドラッグ に分かれます。
もちろん耐性が強くて、犯罪に繋がりやすい ハード・ドラッグ は、オランダでも禁止されています。
合法とされているのは、大麻ですね。


大麻は別名マリファナ。またその樹脂をハシシと言うそうです。
そして「コーヒーショップ」で買えます。
注意ですが、オランダでコーヒーショップと言えば、麻薬のお店です。
本当のコーヒーが飲みたいなら、カフェに入りましょう。
まぁそもそもコーヒーショップに日本人を入れてもらえるかどうかはわかりませんが。
一昔前、僕は友人の具合が悪くなって、トイレを探してコーヒーショップに入ろうとしたのですが、入り口でノー・ジャパニーズ!と言われた経験があります。


通常は紙に巻いてタバコのように吸うようですが、中には マリファナクッキー や ハシシのパウンドケーキ なんてのが買えるというから、面白い。
まぁ日本人はやらないほうがいいと思いますが、街を歩けば吸っている人はたくさん居るので。
その煙を吸うことはたくさんあります 笑
(匂いは、ヤンキーが好みそうな芳香剤な感じです)
毎回、日本に帰国する度に、オランダからの航空便の乗客の荷物のコンベアは、必ず麻薬犬がいますね。
麻薬犬が来たら、僕は匂いが嗅ぎやすいように、はいよーと脚を差し出してます。

なんかお土産屋も、レッドライト、大麻、コーヒーショップをモチーフにしたものがたくさん。
中には、白雪姫が「毒リンゴなんてクソくらえ」と言って代わりにマリファナを吸っているTシャツとか。
下の写真は大麻キャンディーですね。(もちろんフェイク品。味だけ真似したもの。本物はコーヒーショップでしか買えない)
うーん、自由の国、オランダ。
e0068262_03500633.jpg


















[PR]
by going-b | 2017-09-04 03:54 | 自由の国オランダ

ベルギー、アントワープ

アントワープって言うと、なんと言っても「フランダースの犬」ですね。
かの有名なラストシーン、パトラッシュと一緒にあの世へ行くシーン。
あれで何人の人が涙をちょちょぎらしたことか。
と言っても、僕はフランダースの犬はまったく知らないのですが。

街としては、結構日本人の観光客も多いですね。
聞くところによると、ベルギーとしては、フランダースの犬の物語は知られていません。
だからずっと「なぜ日本人がいっぱい来るんだろうなぁ?」と思っていたそうな。
それでも近くのマクドナルドの壁紙は、日本のJRの路線図になってたりして。
意外にも歓迎ムードなのかもしれません。
e0068262_03444267.jpg


























そして話は戻りますが、その例のラストシーンの舞台が「アントワープ聖母大聖堂」です。
その教会にある「絵」。
教会の中には多くの絵がありますが、これは一番目立つ祭壇の絵ではなくて、その右側にある絵だそうな。
教会内の彫刻や絵は、カメラのフラッシュで劣化するとかなんとかで、カメラOKの所ってあまりありません。
なので、これも写真は無いです。(ネットで探せばあると思いますが)

この絵は、主人公のネロが見たかったのに、普段は布が掛かっていて、これをお金を払わないと取ってくれない。
(…物語では、途中なんやかんやあって…)
物語のラストに、この教会へ死にそうになって辿り着いたとき、外からの吹雪が布を落としたんですね。
で、その「絵」をやっと見れた。
その時に、教会の天井から天使が降りてきて、ネロとパトラッシュは天国へ行ったのでした。ってな話らしいですね。



あぁいい話かもなぁ…と思ったのもつかの間。
外にあるネロとパトラッシュのモニュメントがひどい 笑
どっちかって言うと、ムーミン的な感じの方が強いような。
悲劇の物語が、ほのぼの物語に変わってしまった…。
フランダースの犬を知っている人からすると、けしからん!らしいですね。
本当は2年ぐらい前まで、枯れた感じの雰囲気の出た像があったらしいですが、それは撤去されたらしい。
いやまぁ、でもこれはけしからんですわ。
e0068262_06415179.jpg

[PR]
by going-b | 2017-09-04 03:37 | ヨーロッパ旅行

ルクセンブルク、ルクセンブルク市(要塞群)

1人あたりのGDPが世界一の国、それがルクセンブルク。
日本に比べれば面積は小国なのですが、豊かさを感じれます。
レストランの店員も、非常に高い英語のスキルを持っているし、教育のレベルも高いのでしょう。
それなのに、国旗がオランダにそっくり、ややこしい!
(日本とバングラディシュみたい)



さて、ルクセンブルクってどこにあるかもわからないし、何があるかもわからないし…。
自分もそうでしたが、観光地としては僕は結構のお気に入りになりました。
要塞が街をぐるっと囲んでいます。
高いところ好きの僕はちょっと身を乗り出してみたりして。
e0068262_06412491.jpg






































まぁこんな感じではしゃいでいるのもつかの間。
坂が多いので、街歩きではスタミナが削られます。


また要塞の眼下に広がる景色はこんな感じ。
印象としては、「天空の城ラピュタ」の渓谷の中にある街のような感じ。
こうゆう巨大な塀で囲まれた中に街がある景色って、なかなか珍しいと思います。
e0068262_06411738.jpg

[PR]
by going-b | 2017-09-02 04:04 | ヨーロッパ旅行

オランダ、ザーンセスカンス

トラディショナルな風車が見たいなら、ザーンセスカンスはいかがでしょうか?
オランダのガイドブックには100%載っているであろう超有名な観光地。
メジャー所ながら、結構おすすめです。

時々会社に、週末を移動日として来るお客さんもいますが。
そんなに時間がないあぁ、と思ったら、ザーンセスカンスに連れて行きます。
オランダにはそもそも、すでに伝統的な風車は、ほぼ観光用としてしか残っていないようですね。
そんな中、伝統的な風車を集めて観光地として作られたのが、ザーンセスカンスです。
e0068262_06411112.jpg
























駐車場もあるし、電車ならアムステルダム中央駅から20分ぐらいで着くし、近いのがいいですね。
ザーンセスカンスには、風車の力で丸太をカットするのを見学できたりします。
それと風車小屋の2階にも上がれるのですが。
結構でかくて、立入禁止のフェンスはあるのですが、近づくのはちょっと怖い気もする。
e0068262_04282899.jpg























また風車だけでなく、オランダで有名な木靴とその工房とか。
伝統的なドレスに身を包んだ女性たちが営むチーズ屋、その他 お土産屋もあります。
お手軽観光地ですが、オランダが詰まってる。そんな場所です。
e0068262_04294963.jpg


[PR]
by going-b | 2017-09-01 05:46 | オランダの観光名所

近所で見る動物の話

日本で身近に見れる動物って何でしょうかね?
スズメ、カラス、でもそんなにいないような。
僕の地元にはタヌキがときどき出ますが、それもそんなに多くない。
さらに田舎に住む友達は、天然記念物のカモシカに追っかけれるという珍事もあったらしいですが 笑
基本的に、日本では身近に動物がいないと思います。



対してオランダは、身近な場所に動物がたくさんいますね。
例えば、僕のアパートから外を見下ろせば、ウサギがいます。しかも結構いっぱい。
隣国ベルギーではウサギを食べるので、そこから逃げてきたのかもなぁ、なんて思ったり。
ちなみに、僕はウサギのシチューを食べたことがありますが、結構おいしかったです。
e0068262_04371178.jpg
























それと、こちらでは人と鳥との距離感が非常に近いですね。
あんまり逃げないし、すごく近づいてきます。
なんか、アダムとイブ的なイメージで、人間の体の上に鳥がとまっているような絵を見たことがありますが。
ヨーロッパは鳥と仲良くする文化があるのかもしれない。

ところで、オランダのカラスは、日本のとは種類が違うと思うのですが。(そもそもカラスなのか)
なんだかすごく挑戦的な目をしています。
e0068262_04364203.jpg






















あとは、農業国オランダらしく、ウシ・ウマ・ヒツジ。
触ってもおとなしい。

e0068262_04404538.jpg





















e0068262_04414516.jpg























e0068262_04411466.jpg

[PR]
by going-b | 2017-09-01 05:26 | 気まぐれオランダ日記(日常のことなど)

オランダの気候

オランダの気候と言いながら、気温とか、特に細かいことは書きません。
夏は涼しい、冬は寒い。以上です 笑
ここでは僕がオランダに来て、気候について驚いたことを書きます。





僕は4月から9月までを黄金期と呼んでいますが、そしてオランダ人もまた、みんな春を待ちわびています。
春はチューリップが咲き乱れ、もちろん桜も咲き乱れ。爽やかな風に風車も回る。
一番輝く季節ではないでしょうか。

そして驚いたことに、春から夏にかけて、日が暮れるのが遅い遅い。
緯度は北海道の北に位置するウラジオストクあたり、夏至を最高潮にして大体23:00ぐらいまでは明るい。
あぁ夕焼けだなぁーなんて思っても、そこから太陽が沈むまでが長いのなんの。
「夕焼け小焼けでまた明日」なんて言ってたら、もう少しで日付が変わるぐらい。
これは高緯度に位置する国では共通の減少ですが、僕にとってはすごく新鮮でした。
これでも22:30ですよ。
e0068262_04342076.jpg


























そして続いて冬の話。
想像にも容易いですが、今度は日がなかなか昇りません。
暗いうちに出勤して、暗くなってから帰宅する。これは今でも慣れない。
やっぱり人間は、太陽とともに生きていくものだと思います。



が、冬でも楽しいことはあります。
オランダはスケートが強い国ですが、そのベースとなっているのは、自然の氷上でやるスケートです。
そもそも家の周りには川や池がたくさんあって、それが冬になると凍るのです。
「明日は冷えます、スケートできます」みたいな天気予報が流れ、次の日はスケート靴にゴムを履かせて、池までトコトコ歩きます。
近年は地球温暖化で、池が凍ることが少ないようですが。
今年の年明けは冷えに冷え、こんな感じでした。
e0068262_04441540.jpg

























それと、よく観光客が氷が薄くなっている場所を知らずに行って、落っこちるそうな。
現地人曰く、ヒビが入ったら、来た道をそのままバックで戻れ! らしいです。

[PR]
by going-b | 2017-09-01 04:45 | オランダの気候

オランダの運転・交通

単刀直入に言うと、オランダの交通システムは素晴らしい!
日本のそれなんて、ヘノカッパのレベルだと思います。
(高速道路なんてタダだし)

歩道・自転車道・車道はすべて分かれていて、スピードによって区分けされています。
自転車と車は右側通行(日本とは逆)が徹底されており、例えば自転車で道をUターンするときでさえ、降りて引くか、自転車に乗りたいなら道の反対側に渡る必要があります。
これはたぶん自転車王国オランダの文化からくる高いレベルの意識付けがあるのだと思いますね。



自分は通勤を基本として、車の運転が主としての交通手段ですが。
オランダの信号は車線ごとに分かれていて、わかりやすい!
例えば日本で言う右折は、反対車線の車が居なくなるのを待ちますが。
オランダの場合は、そもそも「同じ動線に異なるベクトルを流さない」が基本。
(オランダは車が右側通行で)自分が左折して、対向車の車線を横切る場合、対向車側は赤信号。
つまり、「自分の前にある信号に従ってさえいれば」、事故が起こらない。(人間が判断するような場面を極力なくしている)

またセンサがあるのか、交差点に近づいて他の車や人が居ない場合、青信号に変わってくれます。
僕は田園風景が果てしなく続く新潟出身ですが、地平線まで続く田んぼ道に、人っ子一人居ないのに、赤信号に引っかかるのはものすごく腑に落ちなかった。
完全に、日本の交通システムは後進国に成り下がっていますね。

そしてランナバウト、これもすごく便利。
これはオランダに限った話ではないですが、交差点を反時計回りに回って、自分が行きたい方向へ出るシステムです。
これだと信号も必要ないし、交差点を直進する車もスピードを落とさないといけないし、良いことばかり。
なんだか日本は信号機のメーカーに政治家が天下りしてんじゃないか?と疑ってしまいますね。


しかし、欠点がないと言えばウソになる。
それは跳ね橋が上がることです。
跳ね橋とは、背の高い船が通る際にバンザイの形に上がる橋のこと。
これが上がると大体 5min は固く足止め、しかも高速道路にも跳ね橋があるって…これ、どゆこと?!
オランダ人の遅刻の言い訳は「今日は跳ね橋が上がったよ…」らしいです。


[PR]
by going-b | 2017-09-01 03:52 | オランダでの運転