オランダ、キューケンホフ公園

オランダと言えば、チューリップで有名ですよね。
チューリップを見るのにうってつけなのが、キューケンホフ公園です。
最初、たがだかチューリップでしょ、と甘く見ていたのですが。
こが実際に見ると本当に綺麗。

キューケンホフ公園は国立公園で、開園時期は大体3月下旬から5月の中旬ぐらいまでらしいです。
毎年オランダでは、公園の開園がニュースになるようですね。
ただしこの時期のキューケンホフの混雑は半端なく、僕が行ったときは朝の開園と同時に入れるような時間帯で行きました。
たしかアムステルダム中央駅の近くからシャトルバスが出ているようですが、その列もハンパなかったです。
ということで、あまり人の居ない写真をひとつ。(なんかチューリップじゃない気もするが…笑)
e0068262_06405401.jpg





















ところで、ウチの会社の駐在員が、まだ行ったことないいうと、「何しにオランダに来たんだ!」と言われる始末。
それだけオランダの象徴となっている場所なのかもしれません。

それと園内のカフェでは、アップルパイが有名です。
結構大きいので、昼ごはんの代わりになりますね。
その他、ハーリング(ニシンの酢漬け)や、ロースとビーフのホットドッグなど、屋台もあります。




余談ですが、チューリップ見るなら、近くで見るのもいいですが。
遠くから見るのもありだと思います。
僕は栽培農家の畑の方が、なんだか壮大な絨毯のようで、個人的に好きですね。
農家の家は観光名所ではないので、どこで見れるかわからないですけど。
ドライブがてら、サイクリングがてら、見つけれるとテンション上がります。
e0068262_05543572.jpg











[PR]
by going-b | 2017-09-01 02:39 | オランダの観光名所
<< オランダの運転・交通 ドイツ、ケルン >>