オランダ人の気質

最も文化的背景が出ると思う、現地人の人柄。
これは誰もが気になる部分だと思います。

オランダ人と仕事するのってどうなの?と聞く人がいます。
本末転倒かもしれませんが、オランダは多国籍文化です。
ラテン・ゲルマン・アフリカン、イスラム・トルコ、中国・韓国・東南アジア系、これらの人種が入り乱れています。
そもそも居住許可証を取りに行ったエキスパット・センターの係りの人は、ターバンみたいなものを頭に巻いているし。
もはや、なんだかよくわからないw
まぁこれは、いろんな人種が仲良くやっていると思いましょう。


話は戻りますが、純オランダ人の気質についてですが。
彼らはひとことで言うと、「try and error. 」でしょうか。
よく言うとビビらない、悪く言うとあんまり考えない。
良くも悪くも大雑把な感じですね。
石橋を叩いて渡るや、転ばぬ先の杖なんてことわざは、永遠に生まれてくることはないでしょう。
(と、言いながら…実は、日本人の文化は世界的に見ても相当変わり者だと言うことは、日本人も理解しておいた方がいいかと)


しかし、だからこそ初対面の人でもオランダ人はアッケラカンとコミュニケーションが取れます。
「どんな人かな?」と探りを入れるようなことはせずに、最初からかなりフレンドリーでいい奴ばかりです。
(「いい距離感」なんて言葉は、あぁ日本人だなぁ…とつくづく思いますね)
自分が彼らを信じていれば、彼らもそうしてくれる。
なんとなく、自分の行動の鏡を見ているような、そんな感覚ですね。

[PR]
by going-b | 2017-08-30 06:01 | オランダ人の気質
<< フランス、モンサンミシェル オランダの名物 >>